常不軽

生き物、旅行、その他趣味のブログです。

よく見ると、ナデシコ

f:id:kusamushi:20170514063451j:image

今日は母の日、カーネーションは用意しましたか?

 

カーネーションは、ナデシコナデシコ属の植物です。

 

生き物の分類は、『界 門 綱 目 科 属 種』という段階で分かれています。

 

観察会とかで、○○の仲間っていうときは、だいたい目とか科とか属が同じっていう意味で使います。

 

すごく身近にあるナデシコの仲間ツメクサを紹介します。

まじまじと見ることはないけど、見たことがない人はいないと思います。

f:id:kusamushi:20170514071231j:image

 

これです!

 

f:id:kusamushi:20170514071546j:image

 

これこれ!

よく見ると小さな 白い花が咲いています。

 

f:id:kusamushi:20170514071832j:image

 

レンガの隙間とか、アスファルトの切れ目とか、どこにでも生えています。

 

この生命力の強い植物を花束にしてプレゼントして見ませんか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

魚が歩き、イカが踊る商店街ー佐賀県呼子

f:id:kusamushi:20170430215836j:plain

 

Facebookで、佐賀・長崎あたりでおもろいところはないかと、聞いたところ呼子のイカがガチと何人かの友達が教えてくれたので呼子に行ってきました。

※ブログの中の僕以外の登場人物は本当は関西弁をしゃべっていません。

※佐賀弁で書けないだけです。

 日本三大朝市ということで、朝一にいかなあかんやろ。

ということで、開店する7時半に呼子へ。

車中泊のため朝ごはんを食べずに行ってます)

無料駐車場に車を停めていざ朝市に

「あれ?おもってたのと違う…」

なんだかがらーんとしています。

「朝からイカの刺身を食って豪遊や!!」と思ってたのに。

 

f:id:kusamushi:20170430203538j:plain

 とりあえずお腹がへったので、おばちゃんにイカの刺身が食べられる店を聞く。

「この時間にイカの刺身が食べられる店ありますか?」

あの店が7時半からやってるよとのこと。

行ってみると本日休業…

「………」

 

先ほどのおばちゃんに閉まっていたことを伝えると。

「次は9時半開店の店しかないねぇ」とのこと。

腹が減ってしかたがないので、ヤマザキショップでレトルトのご飯をチンしてもらい

、ウニを売ってるおばちゃんの所へ。

「赤ウニ(500円)と黒ウニ(300円)どっちがええ?赤ウニのほうがおいしいよ。」f:id:kusamushi:20170430210724j:plain

f:id:kusamushi:20170430210637j:plain「赤ウニください。ご飯の上に乗っけてください。」

「あら、朝ごはんなの?」

「そうなんです。イカのお店が空いてなくて。」

「じゃあ、こっちも食べ。」黒ウニをご飯にのせてくれる。

「いいから食べたらええんよ。」

「あら、朝ごはん?これも味見してみー」アジのみりん干しをご飯に!

お言葉に甘えてウニ・アジ丼に!豪華!

 

飲食の許可をとっていないから、その場で食べさせて売るのはダメらしいです。

呼子に行く際はこおおばちゃんのお店で買ってください!!

 

イカの刺身は外せないので、店が開くまで時間を潰すことに。

少し北の加部島に。目的は海の目の前に鳥居のある田部神社。

海の安全を守っている神様。このおかげでおいしい魚介類がとれるのかもしれませんねー

f:id:kusamushi:20170430212546j:plain

f:id:kusamushi:20170430212557j:plain

f:id:kusamushi:20170430212719j:plain

f:id:kusamushi:20170430212943j:plain

f:id:kusamushi:20170430213740j:plain

 

再び呼子に戻り、イカの刺身が食べられるお店『かもめ亭』さんへ。

f:id:kusamushi:20170430214002j:plain

イカ刺し単品2000円。

少し高いなぁと思ったけどこれを食べに来たので注文。

 

f:id:kusamushi:20170430212052j:plain

お刺身、甘くて歯ごたえもコリコリでおいしい!

時々足が動く!目の周りに残った皮がチカチカ模様が変わる!

食べ終わるとイカの形のササの飾り切り!!!

f:id:kusamushi:20170430212059j:plain

お皿を下げますねー

美味しかったなぁーとおもっていると、

軟骨と肝のお刺身!!

f:id:kusamushi:20170430212215j:plain   

ゲソの天婦羅!!!  

f:id:kusamushi:20170430212141j:plain

大満足でした(笑)

こういうメニューがあるのが旅行の醍醐味。

現地でないとここまでの味はだせない。

教えてくれた皆様ありがとう!

イカの種類を聞くのを忘れたけどスルメイカかな?

季節によってイカの種類が違うらしい!また来たい!!

 

店をでると、時間は10時過ぎ。朝市も大分賑わっていました。

f:id:kusamushi:20170430215717j:plain

イキが良すぎてお店から逃げ出す魚たち

地元ではあらかぶと呼ぶ(カサゴの仲間)

f:id:kusamushi:20170430220003j:plain

 

f:id:kusamushi:20170430215836j:plain

クエ

写真を撮っていたらワザワザ水槽からだしてくださいました(笑)

 

優しさに溢れた街でした。

 

 

クヌギカメムシのたまご

うみぶどうみたいな卵

クヌギの木の幹に何か緑色のぶつぶつが…

f:id:kusamushi:20170302191200j:plain

 

クヌギカメムシの卵だそうです。

剥がして持って帰ったらそだてられるのかな?

シロシタバ

f:id:kusamushi:20170210111356j:plain

 

f:id:kusamushi:20170210111433j:plain

 

シロシタバ 幼虫はウワミズザクラを食べるらしい。

20160903 福島県

コシボソヤンマとミルンヤンマのヤゴ

 

コシボソヤンマのヤゴは手で掴むと体をそり返して偽死し、ミルンヤンマは偽死するが、体をそり返すことはない。

 

ビオトープ再生技術入門 養父志乃夫著 農山漁村文化協会